ランキング


無料ブログはココログ

« とんがらし@三軒茶屋 (豚バラ軟骨カレー) | トップページ | 森乃園@人形町 (ほうじ茶づくしセット) »

2014年3月15日 (土)

北京@宮崎台 (名物 タンタンメン)

今回は川崎Walker情報で宮崎台にやってきました。各種メディアでも時々取り上げられていて地元でも愛されている中華料理店「北京」です。
Photo

店頭の看板を見てみると
Img_0704_4
こちらの名物はタンタンメンと餃子。この辺りは押さえていきたいところ。

店内
Photo_2
いわゆる街の中華屋さんっぽい雰囲気があるものの、白を基調に明るい店内。床のヌルヌルもなくきれいです。
席はL字型のカウンターで9席、4人用のテーブル席が4卓という配置になってます。

Img_0694
ルー大柴氏、お隣の宮前平に住んでいて、このお店の大ファンのようです。

Photo_3
ラーメン各種、炒め物、チャーハン、餃子。非常に分かり易いラインナップになってます。

タンタンメン  850円
Photo_4
こちらがお店の名物。一般的な坦々麺のイメージとはちょっと違いシンプルな装い、あんかけ風になってます。

Photo_5
しょう油ベースのスープにトロッとしたあんかけ、スープが熱々でキープされてます。強いインパクトがあるわけではないけどピリッとした辛味の効いた後を引く味。
具材はひき肉とちょっと珍しザーサイのみじん切り、味と食感的にもアクセントになってます。

Photo_6
麺は中細のストレート麺。食感的には大きな特徴はないものの、何しろとろみがあるスープがよく絡みます。

野菜炒め  650円
Photo_7
非常にスタンダードな野菜炒め。
もやし、キャベツ、にんじん、たまねぎ、キクラゲに豚肉などの具材が入ってます。ごはんのお供にもってこいな一品。

餃子  550円
Photo_8
一人前は6個になってます。やや割高な感じもしますが。
けっこう表面はこんがりとしてます。

Photo_9
皮の食感はけっこうモチモチ。中の餡は野菜が多めになってやさしい味になってます。


一品一品が安定したおいしさと言う感じ。タンタンメンはこの店オリジナル的な特徴があり時々食べたくなるような味です。

Star_fullStar_full_2Star_full_3Star_half_fullStar_empty

----------------------------------------

店名:北京 (ペキン)

所在地:神奈川県川崎市宮前区宮崎2-6-11

アクセス:宮崎台駅(東急田園都市線) 北口から徒歩5分くらい

営業時間:11:30-15:00/17:00-20:30
 
定休日:月曜定休・第3月火連休
           (祝日の場合は営業。翌日が休み)

あり(11台 (商店街兼用))

ホームページ:http://www.peking-tedukuri.com/p-miyazakidai/

« とんがらし@三軒茶屋 (豚バラ軟骨カレー) | トップページ | 森乃園@人形町 (ほうじ茶づくしセット) »

ラーメン」カテゴリの記事

田都(宮前平・宮崎台・梶が谷)」カテゴリの記事

中華料理・中華菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京@宮崎台 (名物 タンタンメン):

« とんがらし@三軒茶屋 (豚バラ軟骨カレー) | トップページ | 森乃園@人形町 (ほうじ茶づくしセット) »


-天気予報コム-

カテゴリー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31