ランキング


無料ブログはココログ

« ガトー・ド・ボワイヤージュ@関内 (窯だしパイカスター ほか) | トップページ | 随息居@成瀬 (四川中華いろいろ) »

2014年1月31日 (金)

魚一@那珂湊 (あんこう鍋)

この日は旬の海の幸をいただこうと アンコウで有名な茨城の那珂湊の市場にやってきました。
Photo_2
活気があってテンションも上がりますね~
   

Photo_3
こちらでは生ガキが一つ200円、その場で食べることができます。

Photo_5
いやいや、濃厚な旨味でおいしいっす!

さらに市場の奥の方へ進んでいくと…
Photo_6
いました~ アンコウを発見。まあ見た目は少しグロいですけど。

Photo_7
そのお店が隣で営業している食堂で食事をすることにしました。

Photo
いわゆる地方の食堂といった風情、市場の奥の方ということもあり ちょっとした穴場的な雰囲気です。接客は良くも悪くも大らかな感じですな。

Photo_8
レギュラーメニューは至ってオーソドックス。この他、その時々にとれた魚のメニューが手書きボードに加えられてました。

あんきも蒸し  900円
Photo_9
まずは前菜的なメニューをつまむことにしました。
肝独特の濃厚な味わいです。自動車なんで飲めなかったけど、お酒に合いそう.。

あんこう鍋(2人前)  3000円
Photo_10
そして本日の主役!2人前で3000円とお手頃価格です。
味噌仕立てのスープにアンコウの身と肝、ネギや白菜、エノキなどの野菜も種類は少ないものの量はたっぷりと入ってます。

Photo_12
白身部分はクセも無く、皮側のゼラチン質の弾力ある食感も良いです。
そして何よりアンコウのダシがガツンと効いた味噌スープがやたらと旨し!

海鮮丼  1800円
Photo_13
ご飯ものとしてお店の人気メニューの丼物をチョイス。
ウニ、イクラ、エビ、タイなど8種類の具材が乗ってます。
どのネタもまずます新鮮かと、酢飯の加減も丁度良くうまいです。


やっぱりアンコウ鍋!寒さで冷えた体もあったまりました。
旬のものを新鮮なうちにいただくのは贅沢ですねー。

Star_fullStar_fullStar_fullStar_half_fullStar_empty

-------------------------------------------

店名:廻船問屋 魚一

住所:茨城県ひたちなか市湊本町19-8

交通:【自動車】常磐自動車道(東京-友部JCT-ひたちなかI.C)より 10分
        【電車】JR常磐線(勝田駅)-ひたちなか海浜鉄道湊線(那珂湊駅)徒歩 10分

営業時間:【平日】11:00-15:00
営業時間:【土・日・祝】9:00-16:00

定休日:水曜

那珂湊おさかな市場駐車場

ホームページ:http://www.ginza-rengatei.com/index1f.html

« ガトー・ド・ボワイヤージュ@関内 (窯だしパイカスター ほか) | トップページ | 随息居@成瀬 (四川中華いろいろ) »

魚介・海鮮料理」カテゴリの記事

全国(埼玉・千葉・北関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚一@那珂湊 (あんこう鍋):

« ガトー・ド・ボワイヤージュ@関内 (窯だしパイカスター ほか) | トップページ | 随息居@成瀬 (四川中華いろいろ) »


-天気予報コム-

カテゴリー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31